作成者別アーカイブ: aoi

【向日葵助産院】生後1ヶ月のママの身体の変化

生後1ヶ月以内のママの身体って、どう変化してるの?

生後1ヶ月では、

✔️妊娠前の体に戻るためと、
✔️産後のママになるため

2つの方向で体が変化していきます。

 

妊娠前の体に戻るための変化

◻︎子宮の変化

元々子宮は、洋梨大の大きさで、骨盤の内側に収まっています。
妊娠して赤ちゃんが大きくなっていくと
へその上辺りまで大きくなりますね。

その子宮が、出産後は洋梨大に戻って行くんです。

それが、妊娠前の体に戻る変化です。

[char no=”5″ char=”ママD”]私、出産した後に体重が全然減らなかったんですけど[/char]

[char no=”2″ char=”あおい”]残念ながら、体重はあまり変化しません![/char]

赤ちゃんが3000g、羊水も対バンも出たのに、産後3日目に測った体重は、3kgくらいしか減ってなかった・・・。

よくあることです。

むしろ3kg減ってたら万歳かもしれません。

体重の内訳

✔️赤ちゃん、胎盤、羊水の他に
✔️血液量の増加
✔️血液外の水分の増加
✔️脂肪
✔️大きくなった分の子宮
✔️おっぱい

出産後に急にむくみが増えた方もいらっしゃると思いますが、
それは血液外の水分、が増えた状態のことをいいます。

 

[char no=”2″ char=”あおい”]時々、全く減らなかったことにショックを受ける方がいらっしゃるのですが、体重は出産直後はほとんど減らないものだと思ってください。身体が元の体に戻っていませんし、貧血もあります。決して無理なダイエットなどはなさらないようにね[/char]

 

産後のママになるための変化

産後は、精神的にも様々な変化が生じます。

大きな変化はこれ。
ホルモンがガラッと変わる

この、ホルモンが変わるおかげで

✔️母乳が出るようになる
✔️赤ちゃんを可愛いと思う

✔️幸せな気分になる
✔️自律神経が整う
✔️子宮が元に戻る

という作用が起きます。

 

妊娠前と妊娠後のホルモンの違い

ルモンが出ることによって、子宮が元に戻ったり、母乳が出たりします。

代表的なホルモン

オキシトシンホルモン
✔️幸せホルモン
 おっぱいの分泌をよくするプロラクチンを助けている=おっぱいを出すホルモン
✔️子宮の収縮(=陣痛や後陣痛)のホルモン
 陣痛促進剤にも使われるほど、陣痛を促すホルモン
✔️セロトニンの分泌を助けるホルモン
✔️赤ちゃんが生まれる直前に高値になって、産道を通る瞬間にドバッと大量に分泌される

プロラクチン
✔️射乳のホルモン
 生後32ー48時間がピークで、そのあとは赤ちゃんに吸われるたびに値が上昇するホルモン

エストロゲン
✔️女性ホルモン
 出産後に急激に少なくなるので、更年期のような状態になる

プロゲステロン
✔️抜け毛に関与
 産後急激に少なくなることで、抜け毛に悩まされるママも多い

 

ママの身体の中は大忙し!!

□妊娠中に早い段階で陣痛が来ないように、ホルモンはコントロールされています。
そして、出産間近になると、陣痛を起こすホルモンが分泌され、
出産直後には、陣痛を起こすホルモンにガラッと変わります

□妊娠中のママは、赤ちゃんを外敵とみなさないために、自分の免疫力を下げています。
免疫力が強いママだと、お腹の中にいる赤ちゃんを攻撃してしまうかもしれないからですね。
なのでママは風邪をひきやすかったりするのです。

妊娠中:女性ホルモンを多量に分泌する。免疫系を下げる。
出産後:女性ホルモンを下げる。免疫系を元に戻す。陣痛を促すホルモンに切り替わる


と言うように、たくさんのホルモン調節を行っているのです。
日々一定の男性には想像がつかないかもしれませんが、
女性の身体って、本当に忙しいんですよね。

ホルモンが関与する精神状態について

精神的不安定(マタニティーブルーや鬱)
月経前症候群で、気分に変調がある女性って多かったと思います。

[char no=”5″ char=”ママD”]まさにそうでした!生理の時の不調はすごかったです。薬飲まないと辛い日もありましたし、精神的に落ち込んだ日もありました。[/char]

[char no=”2″ char=”あおい”]それはお辛かったですね。。。月経前症候群は、エストロゲンとプロゲステロンというホルモンの仕業とも言われています。[/char]

生理前にはエストロゲンの方が低くて、生理後は高くなるという、
グラフにするとクロスのようになる2つのホルモンなのですが、
出産後はエストロゲンもプロゲステロンも急激に下がります。

このように劇的なホルモンの変化と、出産後のストレスが相成り、
月経前症候群の何倍もの症状が襲ってくる方がいらっしゃいます。
月経前症候群の主な症状

✔️頭痛
✔️手足のむくみ
✔️抑うつや不安
✔️イライラしやすく怒りっぽい 
✔️情緒不安定
✔️眠気や睡眠障害
✔️集中力の低下  など

いかがでしょうか?

月経前症候群は妊娠前の話ですが、産後に精神的にこういった症状が当てはまる方は、多いのではないでしょうか。
 
 
月経前症候群との大きな違いは、赤ちゃんの存在です。
 
一人でいた時は気を紛らわしたり、ずっと寝ていたりできましたが、
赤ちゃんがいるとそうもいきませんよね。
 
きっと、出産されて幸せな気持ちになると思っていたのに、どうしてこんな不安定なんだろうと、
精神的にも、理想と離れていてびっくりすると思うんです。
 
そこに、赤ちゃんは夜起きる習慣があるので、眠れない日々が続きます。
 
それでなくても、人は徹夜を繰り返しているだけでホルモンバランスが崩れるのに、
ママは赤ちゃんという命の重さを胸に、徹夜を繰り返します。
 
 
夜中の2時に、何をしても泣き止まない我が子をあやしたり、
パパの寝返りで赤ちゃんが潰されないか、神経を尖らせて不眠になってしまったり、
朝まで寝てしまった!!と朝からハラハラしたり。
 
 
何をしても、どうなっても、気が気じゃないですよね。
 
 
それでなくても崩れているホルモンが、もっと崩れるだろうなってこと、
想像していただけましたでしょうか??
(特に最近パパに関する相談が本当に多いので、パパに知っててもらいたい!!)
 

感覚育児

これは私が勝手に提唱しているのですが、感覚育児。

ママたち、特に1ヶ月未満のママたちは、数値にとらわれ過ぎてしまっていると思っています。

おそらく、出産した病院で3時間毎のミルクや、◯◯ccの授乳量、など、数値で見れることを教えてもらっていると思うんです。

病院はもちろん、それでいいです。
体重管理をしないとわからないですし、ママのおっぱいがどれくらい出ているか、どうやって授乳するかなどの指標になるのは、やはり病院だからです。

[char no=”5″ char=”ママD”]そうそう、それを家でやると、ミルクの量もおっぱいの量も、訳がわかんないですよね。

おっぱい飲めてるはず?あれ?ミルク100ccも飲んじゃった!!大丈夫かな!???ってなります。[/char]

[char no=”2″ char=”あおい”]もちろん、大丈夫です!![/char]

 

赤ちゃんの胃の大きさと、おしっこの出方から想像すると、
新生児では頻回授乳(2−4回に1回の授乳)が必要なことがわかると思います。

新生児の胃のサイズ

1日目でビー玉サイズ
3日目でクルミサイズ
1週間でピンポン球サイズ
1ヶ月で卵大サイズ

1ヶ月をすぎると卵大からまた徐々に大きくなっていくので、(新生児のような変化よりはゆっくりですが)、
1回に飲める量も増えてきます。
100ccはペロリンです。

母乳の出が気になったら、丸1日おっぱいだけにしてみて、どれくらいの頻度で泣くのか、おしっこの量はどれくらい出ているのか、ウンチの量と見ていき、

✔️あまりにも短時間で泣いてしまう
✔️おしっこが少ない(1日2回くらい:量も重要です)
✔️逆にあまりにも寝こけ過ぎてしまう(ダランとして元気がないのは脱水かもしれません)

に気をつけて見てあげると良いです。

 

例えば、丸一日おっぱいだけにして見て、全くおっぱいが出ていなかったとしてら、赤ちゃんもすごい泣いてくると思うんですね。
それで半日見て見て、あまりにも泣いていたら、脱水になりそうなのでミルクを少し足してみるとか。

1日かけて実験して見て、感覚を掴むのも大事です^^

 

赤ちゃんの大きさや、飲みは個性があるので、よく観察してみると、一般論に当てはまらなかったりするんです。

 

赤ちゃんの泣き具合と、尿の量の観察で、大概足りているかいないかがわかるので、
じっくり向き合って見てもいいのではないでしょうか^^

 

ちなみに、泣いているは元気な証拠、ですが、

おっぱいを飲んでも飲んでも泣いているのは、足りていないかもしれません

 

そこは赤ちゃんとの対話になるので、もしかしたらこうかも????
っていう引き出しをたくさん作っておくと、心にも考える余裕が出てきて、パズルのピースをはめるように、育児がちょっと楽しくなりますよ^^

大事なのは、
昨日と同じ今日や明日はこない、ので日々斬新♡
ということを心に留めておいてください。

 

 

■向日葵助産院院長。看護師・助産師15年目。都内のスカイツリー近くに開業中。ママと赤ちゃんがとにかく好きで、訪問やLINE相談でサポートを行なっている。LINE相談は、15名の医療者スタッフとともに行い、8時から23時まで相談対応をしている。東京医科大学病院八王子医療センターに始まり、都内の産婦人科数カ所にて勤務。去年SBI大学院大学にてMBAを取得し、講演やママのコーチング業など幅広く活躍中。

ブログを移行しました!

以前のブログ(助産師×MBA×児童虐待ゼロの道:aoi-chocochoco.com)は、右側のカレンダーから検索をお願いいたします^^

検索でこちらに飛んできてくださっている方は、2018年のブログを見ていただけばと思います。

 

今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

奥村葵

【向日葵助産院】生後1ヶ月の赤ちゃんを持つママに知っておいて欲しいこと

生後1ヶ月以内の赤ちゃんの特徴

出生体重や出生週数、性別によってなど、様々なところで違いが出てくる生後1ヶ月以内の赤ちゃん。
すごく寝ていて起きずに、ミルクが飲ませられなくて困っているママもいれば
飲んでも飲んでもギャン泣きで、どんだけ飲むのよーって子もいます。

1ヶ月以内の質問トップ3

病院にいて外来の連絡を問える時も

自分で訪問するときも、LINEで相談をお受けする時も

1ヶ月以内のいわば”新生児”の時の質問のトップは不動です。

新生児”の時の質問トップ3

1位 母乳かミルクかなどの授乳系
2位 上の子との接し方
3位 具合が悪いのかわからない。何に気をつければいいのかわからない。わからないことがわからない。

それではちょっとずつ見てみましょう。

 

母乳かミルクかなどの授乳系

[char no=”1″ char=”ママA”]もうすぐ1ヶ月になるんですが、うちの子、本当によく泣くんです。飲んでも飲んでも泣いている気がします。かといっておっぱい加えても飲まなかったりする時もあって。眠い時とか、もうってなります。[/char]

[char no=”2″ char=”あおい”]飲んでも飲んでも泣いていると、なんだかママも、どうしたらいいのよーって泣きたい気持ちになっちゃいますね。何グラムで生まれたのですか?[/char] [char no=”1″ char=”ママA”]3800gです。普通分娩でした。[/char] [char no=”2″ char=”あおい”]3800gですか!大きく生まれたのですね!それはもしかしたら1回の量が足りていないのか、ゲップがうまく出ないのか、うんちがしたいのか・・ちなみに母乳とミルクはどのような回数ですか?[/char] [char no=”1″ char=”ママA”]ミルクはあげてないんです。退院する時から母乳だけで大丈夫と言われたので、母乳だけで、、なのでミルクも用意してないんです。[/char]

なるほどなるほど、
この場合は、もしかしたら本気で足りないのかもしれませんね。

母乳の中に含まれる特別な酵素のおかげで、母乳はすぐに消化されてしまいます。
なのでミルクと同量を母乳で飲めていたとしても、すぐに消化されてお腹が空いてしまうんです。

退院する時から母乳にしたということなので、その時の赤ちゃんの量にはあっていたけど、その後に胃が大きくなる過程
(1日でビー玉、3日でクルミ、1週間でピンポン球、1ヶ月で卵大)
では足りなくなっていったのかもしれません。

授乳量が足りているかいないかは、合わせて尿の回数と量も見ていただきたい指標です。

尿が1日に6−7回以上出ていれば、体の水分は保たれているといっていいと思いますが、
3回前後は少ないです。
3回でも、量をためてだすタイプの子で、1回量がオムツギリギリくらい出ている場合では大丈夫です。

普段の赤ちゃんの尿の量を覚えておいてください

 

母乳が出なくなってくる原因

これは本当に様々ですので、一概に言えないのですが、
以下に当てはまる場合、足りてないかも??しれません。

母乳が出てこなくなる原因
・ママの水分不足
・ママの疲労
・ママのストレス
・飲ませかたが浅い
・貧血
水分

妊娠・ご出産されていない女性でも、1日1.5Lは必要と言われています。
腸で便を動かすにも水分は必要ですし、汗も知らず知らずと出ています。

ご出産ごの女性は、母乳でも水分を取られるので、2Lほどの水が必要です。
それでやっと母乳にも腸にも水分がいきます。

しかしこの飲み物、カフェインやアルコールはNGです。
ダイレクトに母乳に移行してしまうので、純粋なお水がベストですが、ノンカフェインのお茶や麦茶などでも構いません。

 

疲労

出産で伴った身体の疲労もそうですし、精神的な疲労もです。
床上げという言葉を聞いたことがあると思いますが、産後はゆっくり身体を戻して行きます。

なぜかというと、大きくなった子宮が元の大きさに戻るまでに、1ヶ月かかります。
1ヶ月かけて、出血(悪露)を伴いながら、元に戻ります。

そしてホルモンの変化。

赤ちゃんが生まれる直前から、すごい勢いで放出されたホルモンが
出産直後に下降し、同時に母乳が出て、子宮を元に戻すホルモンに変わっていきます。

子宮を元に戻す=陣痛は、この後者のホルモンのおかげなので、徐々に移行して、出産後にはガラッとホルモンが変わってしまう、というイメージです。

ママの身体の中は大忙し、ですね。

 

ストレス

日頃のストレスや、家族に対してのストレスなどが多いと、母乳の分泌が滞ってしまいます。
これはオキシトシンというホルモンに関係するのですが、出産直前から、上記で話しているホルモンの他に、このオキシトシンホルモンが出てきます。
快楽のホルモンと呼ばれるのですが、このホルモンは母乳の分泌に欠かせないホルモンです。

ストレスを感じた状態では、オキシトシンホルモンが分泌されずらい状態になってしまいます。
脳にオキシトシンを出せーと命令する司令塔があるのですが、ストレスがあるとその司令塔が作動しなくなるんですね。
なので、ストレスは母乳の分泌とかなり密な関係にあります。

ストレスを感じないマインドにしてしまうのが、一番ストレスを回避できる方法です。
周りの人(例えばお姑や夫)はそう簡単に変えられないですし、帰るのに労力が要ります。

妊娠前からこういう精神状態になるんだよ!!ってわかっていればいいのですが、旦那さんは時に、「妻がいきなり変わった」くらいにしか考えられていません。

なのでご自身のマインドを変えて、周りを見る目を変えてしまうことが
イライラの一番の回避方法だと思っています。

 

飲ませ方

これはなかなか難しいですよね。
動画で配信できないのが、この授乳方法です。

一番いいのは、近くで授乳をみる助産師か保健師・看護師を探して、実際の授乳を見せてアドバイスをもらうこと。
もしくは必要であればマッサージを行うことです。

赤ちゃんが浅く飲みがちになってしまうのは、お口の大きさだったり、乳首の大きさだったり、添い寝だったり抱っこの仕方だったり、様々です。

 

貧血

母乳の成分は血液なので、貧血の状態は母乳の分泌が少なくなる時があります。
しかし、鉄分は優先的に母乳に移行していくので、ママがより貧血になりやすくもなります。

もともと貧血、もしくは出産後に貧血を一度でも指摘されていたら、鉄分の多い食事をとるなどして、鉄の摂取をしてください。

 

上の子との接し方

[char no=”4″ char=”ママC”]赤ちゃんが生まれてから、上の子とどう接したらいいのかわかりません。抱っこしてって言ってきますが、赤ちゃんを優先させてしまうので、かわいそうになってきて・・・[/char]

[char no=”2″ char=”あおい”]確かにお気持ちはわかります。今まで◯年間、上の子に集中していたのですもの。上のお子さんもママを取られるのではないかと必死なんだなと思います。新生児を構ってあげていると可哀想に思えてしまうと思うのですが、その分構ってあげられるときは思いっきり構ってあげる、でいいのではないでしょうか。[/char]

どうしても、上のお子さんが2-3歳くらいだと、イヤイヤ期に突入してしまいます。
いきなり赤ちゃんが家に来て、ママを取られてしまった。

これは兄弟がいる人であれば、誰でも1度は体験したことのある、最初の嫉妬です。
ただママも一人なので、全てに対応するのは難しいですよね。

下の子ができて甘えてくるときは、「お兄ちゃんなんだから!!」とか決して言わずに、「〇〇ちゃん生まれてまだ小さいでしょう。守ってあげないとね。」と、小さいもの、弱いものを守ることを教えてあげましょう。

最初はわからないと思うのですが、根気強く話をしていると、大事にするものがわかってきます。

もちろん、上の子のことも、大好きだよーって言ってあげながら、ぎゅーしてあげてくださいね。

 

ハグが一番の特効薬です
またオキシトシンが出て来ますが、ハグを20秒ほどすることで、双方にオキシトシンが分泌されて、安らかな気落ちになります。これも何回もやっているとそうなるので、ちょっと気づいたら「ぎゅーーーー」してあげてください。

子供は頭がいいですが、同時に感受性がすごく強いので、その「ぎゅーーーー」だけでも愛情表現がよく伝わります。
逆にぎゅーしないと伝わらないので、たくさんぎゅーしてあげてください

 

具合が悪いのかわからない。
何に気をつければいいのかわからない。
わからないことがわからない

おそらくほとんどのママがこの位置にいらっしゃっると思います。
初めて見るクタクタな新生児、何が何だかわからないですよね。

逆に、わかってテキパキこなせたら、すごすぎます。

新生児期に気をつけること
・体温
・タバコの副流煙と喫煙での母乳
・うつ伏せ

新生児期(1ヶ月以内)の赤ちゃんは、

✔️元気に泣いている
✔️体温が平熱
✔️おしっこと6~7回以上している
✔️母乳かミルクをしっかり飲む

が元気のサインです。

もし寝ていて泣いておらず、元気か不安になったら
体温を測ってみてください。

平熱は36.5-37.5度です。

私たちより高いので、36.0だから大丈夫ーとは思わないでください。
36.0は、新生児にはちょっと低いです。

元気に泣いているがちょっと抽象的ですが、
赤ちゃんによって泣き方が様々です。

すごい力強くなく子もいれば、ふにゃふにゃなく子もいます。

なので、ご自分のお子さんの今までの泣き方を見て聞いて、覚えておいて
それより全然泣かなかったら、具合が悪いかもしれません。

まずは体温、そしてミルクの時間だったら、ミルクをあげて見てください。

おそらく元気がなかったら、体温で引っかかると思います。

 

あと新生児期で気をつけることは、タバコの副流煙やうつ伏せです。

✔️この時期はニコチンは赤ちゃんの呼吸器苦いを及ぼします。
✔️ニコチンは母乳内にも移行するので、赤ちゃんが急性ニコチン中毒になってしまう恐れがあります。(不機嫌、下痢、不眠、嘔吐など)
✔️うつ伏せは、まだ寝返りができないので、もし苦しくなってしまっても、自分で体制が変えられないので危険です。

 

乳幼児突然死症候群(SIDS)で亡くなる赤ちゃんは、もしお母さんだけタバコを吸うと、タバコを吸わない家庭に比べて約4倍! お父さんだけでは2倍弱!両親が喫煙するとなんと約10倍! との研究があります。

SIDSは両親の喫煙を無くせば60%は防げるというので、喫煙しているなのか家庭は、子供のために見直すのも良いのではないでしょうか。(参考:https://ishimanabu.medy-id.jp/column/23)

 

うつ伏せは、絶対にNGではありません。
むしろ首上げの運動は、新生児期をすぎたあたりからちょっとずつ初めていくことを推奨します。

首上げの運動は、発育発達や呼吸器に関わる、赤ちゃんの重要な運動の一つです。
うつ伏せになって胸郭が広がることで、深い呼吸ができるようになります。
また、背筋や首・肩の筋肉をつけて、運動面での発達を促します。

たまに、3-4ヶ月頃に初めてうつ伏せにして、赤ちゃんの首が上がらない!!
という方がいらっしゃいますが、練習をしていないと筋肉が付いていないので上がりません。

はいはいや寝返りの時期をスムーズにこなすためにも、1ヶ月がすぎたら首上げ運動をちょっとずつ行なってみてくだい。

ただし首が座っていない、寝返りができない状態の赤ちゃんでは、必ず見ていてあげましょう。

いわゆる『うつ伏せ寝』は、SIDSを招いてしまうので、大人がしっかり見ていて、なおかつ1回10−30秒程度にしてあげましょう。

 

==最後に==

生後1ヶ月は、瞬く間にすぎていくと思います。
何がわからないかわからない。
その感情のまま、生活が激変して、夜も眠れず、精神力の勝負になっていくと思います。

そう、精神力。

これが何よりも大事です。

きっと思っていたら理想の育児と違すぎて戸惑っていると思うのですが、
産まれているので臨機応変な精神力で過ごさないと、疲弊してしまいます。

よくありがちなのが、全てを完璧にしようとすること。

例えば、掃除や洗濯、ご飯を作ることを日常茶飯事にされていた方にとっては、赤ちゃんが増えただけなんだからできると思いがちです。

しかし、何か家具が一個増えたのと、赤ちゃんが増えたのでは、重みが違すぎまず。

最初はテンションでできてしまうのですが、そのうちに夜泣く赤ちゃんのペースにイライラしてきてしまいます。
それは明日の予定が狂いそうだから。

第1優先順位は、今は赤ちゃんにしてあげてください。
ずべてやると、疲れてきますし、計画がうまく行かないことにイライラしてしまいます。

ちょっとの間だけなので、完璧にこなす自分をおいておいてくださいね。
それは誰でもない、あなたのためです。

 

向日葵助産院

今日は助産院で訪問の予約が入り、行ってまいりましたー!!

 

授乳ケアだったのですが、

知り合いのお友達という繋がりで私を知ってくださって、

ご連絡がきました♬

 

助産院としてはまだまだ始めたばかりで、地名ども全くない、宣伝もしていない、ので、

こうやって口コミできてくださるのが嬉しいです。

 

助産院、もうちょっと宣伝していかないとなぁ。

 

ブログで上位に上がる・HPで上位検索に上がる・墨田区の助産院としての地名どをあげるためにできることはあるのですが、

 

今日「第1子の時からお会いしたかったー!!」って言ってくださったのをお聞きし、

新ためてちゃんと宣伝しよう。

と思いました。

ドッキドキの初対面!!

助産師あおいです音譜

 

 

今日は3月からずっと関わらせていただいたママに

お会いしに行ってきましたー照れラブラブ

 

彼女は台風女のようで(笑)当日まで天気予想をみながらそわそわしたけど

無事お会いできてよかったですクローバー

 

かれこれ、キラキラ5ヶ月キラキラのお付き合いになりますね^^

 

私と繋がってくださったのは、

Facebookの広告で、私のコンテンツを見つけてくださったからです。

 

当初はLINE相談をメインにコンテンツ販売をしていて、

3ヶ月みっちり関わらせていただいておりました。

 

最初の頃が懐かしいくらい、落ち着かれていて、

スリングに入った赤ちゃんがとっても気持ち良さそうで、

素敵な『家族』を作っていかれているんだなぁと思いました。

 

大雑把だけど、気持ちに対してとっても真面目なママなので、

まだグラグラすることもあるけれど、

もうほとんど大丈夫ウインク

 

太鼓判押しちゃうっおねがい

 

 

誰か一人でも吐き出せる環境があれば

 

身近な人がやっぱり一番良いのでしょうが、

私と繋がってくれたママたちは、

みんな最初は一度もお会いしていません。

 

だいたい落ち着いてから私が会いに行くのですが、

その時が初対面で、きゃーーってなりますww

 

 

しかしこの距離感がいいとみなさん言ってくださいます。

 

 

知っているようで知らない。

だから深い話とかもできてしまう。

 

 

facetofaceがなんぼと思っていると、

あってこそ、信頼関係を築いてこそ、話せることがあるでしょって思うのですが

今はtwitterやFacebook、インスタでもわかるように、

実はリアルじゃない人たちに助けられる現状があります。

 

私はこの活動でママたちと深く繋がることができているので、

本当にやっててよかったなって思います。

 

 

だって、普通に生きていたら、他県のママと関わることなんて

ほとんどないですよね。

助産院は、身近な人たちになります。

それはそれでとても重要なのですが、

遠方のママに関わって、そして支援ができる。

 

それって素敵なことだと思うんです。

 

 

ママが助け先を選べる環境

 

私が目指しているものは、ここです。

 

オンラインが好きなママ、オフラインが好きなママ

など、子育ての方法を様々です。

 

いろんな団体や自治体が行なっていることなど、

ママが自分にあったところを選べれば、、と思います。

 

自分がやっているLINE相談に繋がってくれてももちろん、

いろんなところがやっているものでももちろん。

 

 

本当に苦しい時の一山を、誰かの助けで英やって超えられれば、

そのあとは結構楽になるかもしれません。

 

もしかしたら、子育てに悩んでいるように見えて、

自分自身の人生について悩んでいる方も多いです。

 

 

私は自分の技術と知識と性格を持って、

子育てのサポート、というよりも、ママの人生のサポートをレッスン形式で行なっています。

 

 

なので、結構ママに深く背景とか、気持ちとか聞きますし、

そのようなワークをめちゃくちゃ書いてもらいます。

 

 

私の方法がどういう風に届くかわかりませんが、

今日お会いしたママのように、

会えて本当に嬉しいと言ってくださると、私も関わらせていただいてよかったなぁって思います。

 

 

そんなレッスンはこちらからの登録です。

http://nav.cx/fR4Xc3k

 

コメントも、一人一人真剣に返させていただいているので

男性の登録は控えてくださいね。

 

 

そうそう、このコンテンツ、ママじゃない方も登録してくださっています。

女性は転換するのがとても得意なので、

ご自分の人生をよくしていくために、レッスンに参加してくださっています。

 

 

もう自分のことをめちゃくちゃ掘り下げていき、

私もアドバイスをしていくので、

人生が上向きにならないはずがないんですよねラブラブ

 

 

きになる方は、登録してみてくださいね♬

あ、本気の素敵女性限定でお願いしますドキドキ

 

 

今日は素敵な1日だったラブラブ

またお会いしに行きますねラブラブラブラブラブラブ

 

 

 

 

 

夫婦喧嘩と、子供との付き合い方と

助産師あおいです照れ

 

[char no=”2″ char=”あおい”]台風が近づいてきていますねDASH!

西日本の方々は、お気をつけてくださいね。[/char]

 

東京はなんで台風が来ないかというと、

昔の人が”都”をどこにしようと思った時に、

東京が一番天災がないから、今の東京の地に都を設定したそうです。

 

理にかなっているといえそうですが、

近年は東京に人口が密集しすぎて、ちょっと気持ち悪いです。

 

東京だけが人口が増加すると予想されていて、

他、神奈川などでも人口が今後現象する見込みです。

 

私は東京生まれ東京育ちですが、

最近は新宿に降り立つだけで疲れるようになりました。

 

子供が生まれたら、郊外へ脱出します。

 

 

 

そんな私の最近の考えでした(笑)

 

 

ラブラブ音譜ラブラブ音譜ラブラブ音譜ラブラブ音譜ラブラブ音譜ラブラブ音譜

 

さて。

 

最近、旦那さんとうまくいかずに喧嘩してしまった話や、

自分自身が仕事でイライラして子供共々毎日イライラしている

 

なんていうお話を、ママさん達からよくお聞きします。

 

 

暑いですもんね。

 

普通に生きていてもイライラするのに、

子供たちが聞き分けがなかったり癇癪を起こしたり

旦那さんがお盆休みで久しぶりに家にいて

なんだかんだ言ってきたりしたら、

 

もうむかっ堪忍袋も耐えられなくなりますむかっよ。

 

人間だもん。

 

 

ただそこで、ガバァーーーっと喧嘩したり言い合って落ち着く人と

イライラしてしまった自分を、粛々と責める人と、

分かれます。

 

どちらかがいいとは言いませんが、

ガバァーーーーっと言ったことに後悔しないで堂々としていた方が、

自分も周りも楽です。

 

 

 

余談ですが、

私の小さい頃の記憶で、両親の喧嘩があります。

 

でも2−3個の記憶かなぁ??

 

他は一緒にキャンプした時のこととか

クリスマスや誕生日、プールとか、

楽しかった記憶が圧倒的に勝ってます。

 

 

母はよく喧嘩していたと今も言っていますが、

私は根に持ったりしていません。

 

 

それは、、、、

 

 

幸せだった記憶の方が多いからです。

 

子供のことを本気で考えるなら、

自分が言ってしまったこと、喧嘩したこと

などに負い目を感じて萎縮するのではなく、

その分幸せな時間を作って欲しいと思います。

 

大人になるとね、なんか変なことすると根にも人とか

ネチネチ言ってくる人ととかもいたりして、

なんか自分がやってしまったことを、引きずってしまう人多いじゃないですか。

 

子供は、そんなの覚えていません。

覚えていたとしても、大人のようにあとあとまでぐちぐち言ってきません。

(あの時おもちゃが、、とか、ママ泣かないでね、とか、はあります。)

 

 

そしておそらくママたちは、

 

[char no=”3″ char=”ママB”]言ってしまったことで子供のことを傷つけた。[/char]

ここを一番気にしているんだと思います。

 

 

厳しいことを言うようですが、

言葉は発したら戻すことはできません

 

なので日頃から言葉使いには気をつけた方がいいのではと思います。

 

 

なので、これからを考えるようにして欲しいなぁ、って私は思うんです。

 

 

負い目を感じてなんども、 [char no=”3″ char=”ママB”]「あの時ママが、、本当にごめんね」

[/char]

と言うのは、自分の心を安らげたいからです。

 

子供のことを思うなら、一度素直にちゃんときちんと理由も話して謝ったら、もう謝らない。

その代わり、幸せな時間を増やしてあげてください。

 

 

おもちゃをたくさん買う、とかではないです。

そうすると、子供はママが謝るたびにおもちゃがもらえると思ってしまいます。

 

 

そうではなくて、

 

✔️今までより構ってあげるとか、

✔️ぎゅーってしてあげる機会を増やすとか

 

 

と言うことです。エモーションの部分のことですね。

 

 

これから「家族」になっていくので、

いろんな感情が出た時に、真摯に向き合うことが大切になってきます。

 

そこで、いろんなことがあって「家族」になるので、

ママには堂々としていて欲しいです。

 

 

大丈夫。

子供は大人のいろんなところをみて、

時にはそれを反面教師にしながら大人になっていきます。

 

 

完璧な両親(人間)なんてこの世にいません。

 

 

だから、子供や夫とちょっと喧嘩しても、

大丈夫ですよ。

 

[char no=”2″ char=”あおい”]ただ、言葉使いと、程度だけは、気をつけてくださいね。[/char]

 

 

 

 

 

 

セロトニンは腸で生成されている

前回、セロトニンを浴びて〜というブログを書きました。

朝日を浴びてセロトニンを分泌させようというものです。

 

そこで私はセロトニンについて気になったため

詳しく調べてみることにしました。

 

そこでわかったことは、

✅セロトニンは、腸で生成されて、90%が腸内にある。

✅消化管のセロトニンが大量分泌することで、下痢になる

✅消化管のセロトニンが少ないことで、便秘になる

 

ということは、、、

 

セロトニンのコントロールができて入れば、

自律神経が整えられるし、

便秘や下痢などの消化器症状も改善する!!

 

ということです。

 

そしてそのセロトニンを分泌させるのは、

太陽を浴びる他に

 

 

✅よく噛むこと

✅歩行や運動を30分以上すること

 

というリズム運動を行うと、セロトニンが分泌されるといいます。

食材にこだわるよりも、普段の噛む運動をしっかりすることがセロトニンが分泌されます。

 

 

よく食べている人は、なんか幸せそうに見えますよねキラキラ

それはもしかして、セロトニンがよく分泌されているからかもしれませんおねがい

 

 

 

子育てをしているママは、新生児であればあるほど、

自分の時間でご飯を食べれなくなっています。

 

やっと片手でパンが食べれた。

一口食べれた。

 

という話しをよくお聞きします。

 

よく噛んでご飯を食べて、セロトニンを分泌すれば

マタニティーブルーや鬱の予防にちょっとなるかもしれません。

 

 

そこはもう、

 

✅ご家族の協力か、

✅友達か、

✅ベビーシッターに頼る

になってしまうのですが、現実的にどれも難しい方もいらっしゃいますよね。

 

みんなで集まって、ご飯を食べる機会のようなものが週に1回でもあれば、

もしかしたらよく咀嚼してよく笑って食べられれば、

産後の不安も少し良くなるのかもしれない。

 

 

腸内環境をよくすることは、肌にもいいですし、自律神経も整います。

もし、便秘や下痢で悩んでいる方は、腸内環境をよくしてみてください。

 

最近の私の、腸内環境のマイブームは、『青汁』です♬

飲みやすい青汁を選んで、騙されたと思って飲んでみてください!

よく出ますよキラキラキラキラキラキラ

 

 

 

写真は、最近はまっている青汁ですw

回し者じゃありませんwww

 

薄めの抹茶みたいな感じで、とっても飲みやすいんです照れ

 

 

 

 

 

 

ブログ参考資料

Wikipedia

https://kamukoto.jp/brain/692

 

 

 

 

環境を変えると、、、

助産師あおいです😊
昨日、今日と夜遅くまで勉強会やセミナーがあり、寝る時間がすごく遅くなっています。
こういう時って、必ず便秘になるんですよね。
便秘って、様々な影響があります。
老廃物が身体に溜まってるということなので、吹き出物などの原因にもなるし、その辺りの臓器が圧迫されて、血流が悪くなったり。
妊婦さんでは、赤ちゃんがいる場所を圧迫してしまったり、
便秘が出産の妨げになってしまうことがあります。
腸に便が詰まってることで、陣痛がきても、赤ちゃんが降りてきづらくなることが、実際にあるんです。
同じところに臓器が密集しているので、便秘なことで、お腹が余計にはりやすくなったりもします。
普段から便秘は治していきたいものですね😊

人間を一人育てるということ

今日、電車の中で子供を連れたママたちがいました。

 

 

おそらく20歳前後に見えるママでしたが、

ものすごい厚底に幼児を抱っこしているママ

子供と一緒にしゃがんでお菓子絵を食べているママ

 

 

最初見たとき、服装と厚底すぎる靴におぉーーー!

っと思ったのですが、

彼女たちは泣いてしまう娘に、

どうやったら泣き止むのかを、試行錯誤していました。

 

 

いろんなお菓子を見せたり、

抱っこして外を見せながらあやしたり

おしゃぶりを使って見たり

 

 

でも娘ちゃんは泣きやみません。

 

 

 

でもね、ママたち堂々としてたんですよ。

 

 

もしかしたら

車内ですごい顔して見ている人もいたから

なんかそういうママに何か思う人もいるかもしれないけど

 

私は尊敬しました。

 

 

席が空いたからって取り合うように座るのでもなく

ドアが開いたらちゃんと子供を誘導して横に避けている

交互に抱っこして、子供に一生懸命話しかけている

 

 

 

 

 

車内では本当にいろんな人を見ます。

 

 

扉の前に立って動こうとしない人

ちょっと触れただけで舌打ちしてくる人

我先にと、走って席を取りに行くサラリーマン

すごい声量で話し出すおばちゃん

高齢の方がいても譲らない人

 

 

赤ちゃんが泣いているくらい、全然いいと思うんですよね。

 

だってほとんどの人がスマホ持って何かせわしなくしているし、

イヤホンつけている人だらけ。

 

 

すごい顔して見てたおばちゃんには、

あなたが子育てしていた時代に、この交通手段はあったんでしょうか

とお聞きしたくなってしまう。

 

 

前に一度、子供が泣いてしまったので1駅でバスを降りてしまったママがいらっしゃったんです。

 

何かトラウマがあったのかなぁって思いました。

 

 

 

赤ちゃんが泣かないなんて、ほとんど無理です。

前に一回twitterで思わず呟いたけど、

赤ちゃんが泣いいて”おー、かわいそうにねー”って言うおばちゃんの言葉が、よくわかりません。

 

 

 

かわいそう??

 

 

 

そりゃ放置されて泣いているとかはかわいそう。

 

でもママが抱っこして泣いているのは、オムツか、おかな空いたか、ただ単に気分か、眠いか。

そして眠いが濃厚なんだと思うけど、、

 

 

そう言う言葉がママを傷つけていること、

車内での冷たい視線がママを外に出れなくしていること

 

 

もうちょっと考えて欲しいと思います。

 

 

ただやっぱ車内って難しいこともあって、

ベビーカーの満員電車問題とか、泣いてても何もしないで放置しているとか

そう言う場面も、悲しくもやっぱり見てしまいます。

 

 

もっとママと子供が外出しやすくなるといいな。

 

 

車内のママたちは、子供をあやしながら、

車内なんだから静かにしなさいよ!!

とイライラすることもなく、

堂々と静かにあやしていました。

 

 

周りに気を使わなくていいって言うと、語弊があるかもしれませんが

一人の人間を育てていることに、もっと胸を張っていいと思うんです。

 

 

仕事よりも何よりも、大変ですよ、子育ては。

 

 

マニュアルもなければ、正解も不正解もないし

毎日の大変を子供のために使っていても

何をしてもママが褒められることはほとんどないし

ちょっと何かあるとママなんだかって言われる。

 

でもレスポンスが返ってこない赤ちゃん

ずっと泣いている赤ちゃん

どうしていいかわからない中でずっと過ごしていて

 

 

あるときいきなり赤ちゃんができるようになることが増えてくる

一回できてできなくなってを繰り返し

 

はいはいして

立ち上がって

言葉を喋って

 

 

勝手に育つわけでもない。

それが一人の人間を育てていくことです。

 

 

周りの人の認識を変えるのって難しいです。

人は変えられない、変えられるのは自分だけ

ってよくいいますが、

そのままだと思うんです。

 

 

 

上を見上げて堂々と生きて欲しい。

 

その意味を込めて、私のモチーフは向日葵です。

 

 

堂々としていれば、勝手に世界が変わってみえてきます。

 

 

点よりもっと小さな小さな卵子と精子だったんだぁって気持ちで子供を見ると

すごい不思議じゃないですか。

 

その子を育てているんです。

もうママはスーパーウーマンですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなことを思いながら、

電車を降りる家族たちを見守りましたラブラブ

 

 

今日もみなさんにとって素敵な日となりますようにキラキラ

 

 

 

*まぁでも、厚底で抱っこひも抱っこは、危ないしご自分の姿勢が悪くなる(おばあちゃんになったときに後悔する)から、やめたほうがいいと思うけどねww

シャンパンタワーの法則

って、知ってます??

 

 

グラスの一番上を自分だとして、

それを満たさない限りはその下の、

家族や友人や、周りの人を幸せ(満タン)にできない

 

という法則です。

 

 

 

これは私の好きな自己肯定感の話なのですが、

 

横から注いだだけでは、

せいぜいその下の何個かしか注ぎきれません。

 

何かを成すに当たっては、

自分を満たしていかないと、

最初はなんとなく、注いでいる感じになっていても

結局は何もできません。

 

 

すごくわかりやすいですよね。

 

 

子育てをし始めたママたちは、まず自分を満タンに、

なんてすぐには考えられません。

 

なので、一番上にいる存在が必要です。

 

 

要は、そのときその時で、自分のポジションは変わるということ。

 

上に行けるときに、上にいけばいいんです。

 

 

子育てを始めたママたちは、

もしかして一番上で、みんなに注いでいた方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、ときには注がれるようになっても、いいんですよ。

 

 

どうしても責任感の強い方は、そこで自分が何かしたいのにできないと

とても落ち込んでしまいがちです。

 

自分で作った自分のラインに、縛られちゃうことがあります。

 

 

このグラスの自分の位置がどこになっても

満たされる状態になって痛いですね。