自分のトリガーを知る

こんにちは♬

助産師あおいですウインク

 

あなたは、自分のトリガーをご存知ですか??

トリガーとは、

その物事があることが引き金で落ち込んでしまうとか、

元気になるとか、悩んでしまうとか、嬉しくなるとか、

ある感情の引き金になることです。

 

 

このトリガーが他人の行為や感情の人は、

他の人の人生を歩んでいることになります。

 

 

例えば、

おばあちゃんとママと子供の3人で幸せそうに遊んでいる光景をみたとします。

自分の母にも子供を見せてあげたいな。

でも自分には結婚相手もいないし、、この先もわからないし、、

もしかしたら、あんなに抱きたいって言っている孫を見せられないかもしれない。

 

とここで不安と申し訳ない気持ちが襲ってくるとします。

そして早く結婚しなきゃ、子供を産まなきゃって考えて、また暗くなるとします。

 

この時点で、あなたはあなたの親の人生を歩んでいることになります。

 

幸せにしたいのは”自分の母親”であって、

この場合”あなた”に向いていないですよね。

 

 

これは課題の分離と呼ばれるものでもあるのですが、

他者の問題と、自分の問題は切り離して考えないと、

他者の人生を歩んでいきがちです。

 

 

母親の幸せ=あなたの幸せではありません。

なのでいくら自分の母親を幸せにしてあげようと思っても、

それは必ずしもあなたの幸せではないのです。

 

 

母親を幸せにしたい気持ちで行動すると、

そうじゃない反応やそれが達成できていないと感じた時に、

もっと上を目指してしまうか、落胆します。

 

自分の人生なのですから、

自分をどうやったら幸せにできるか。

それを第一に考えることを、私はおすすめしています。

 

 

とはいえ、お世話が好きな女子、特に長女は本当にそこが難しいんですよね。

やってあげること=自分の幸せ

になってしまっている人が本当に多いです。

 

 

もちろんそこは否定はしませんが、

人の人生を歩むのではなく、

自分地自身の人生を歩めるといいなと思います。

 

たまたま先ほど、そのようなご相談がありましたんで、

私の考えを述べてみましたウインク

 

 

子育てがしんどかったり、辛かったりするときも

ぜひ周囲の言葉に惑わされていないか確認してみてください。

 

あなたの毎日が、笑顔になりますようにほっこりキラキラ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。