カテゴリー別アーカイブ: hobby

トライアスロン番外編

そうそう、一応幕を閉じたトライアスロンですが、

その後の打ち上げについて話してなかったwww

メモリーとしてもブログに残しておきますw

 

ジェットコースターも無事に終わり、みなとみらいで打ち上げをすることに。

私は車できていたので美香さんを乗せて向かうことになった。

 

Tさんはとても急いでバイクを飛ばし、なんと今大会一飛ばしたそうだ笑

みなとみらいへの集合時間がめちゃ早かったww

あれ、私も高速道路飛ばして運転してたんだけどなww

 

美香さん家でシャワーを借りることに。

美香さん宅は2度目だが、何度見ても美しい。とっても上品な家なのだ。

私も真似して見たいんだけど、片づけられない症候群のためにこればかりは真似できなそう(><)ぅぅぅ

シャワーから上がると美香さんお手製のジュースと栗の渋皮煮がwww


女子力高すぎるし、これまたとっても上品に出てきたし、ますますリスペクト数値が上昇するのでした( 〃▽〃)本当に格好いいーーー!!!!!

 

さてみなとみらいの焼肉屋さんに集合。

てっちゃんがみんなでトライアスロン記念Tシャツで打ち上げしましょうよーーっと言っていたのを聞いていた私。

てっちゃんは2−3回言っていたが、美香さんとTさんからの返答はなかった。きっと聞こえていないのか、暗黙の了解の聞こえなかったふりなのか、なんかいつものお決まりの雰囲気とかあるのかななんて色々考えながら、多分てっちゃん1人でTシャツになりそうだからと私も便乗した。私優しい。笑

案の定2人とも来てこなかったので、めちゃペアルックになった笑

美香さんのブログにもあるが(笑)並ばせられるとは思っていなかった(笑)

美香さんめ。。。www

 

 

焼肉を食べながらレースの反省会はもちろんなのだが、なんか方向が私の事業の話なんかにも飛んで、アドバイスをたくさんいただいた。新しい発見もあったりで、とっても楽しいお疲れ会になったw

ってか運動した後の肉って最高。

写真撮らずにやたらと食べまくった印象w消費したカロリーはどことやらである。

 

帰りは高速が空いていて1時間くらいで帰れた。

不思議と運転中は全然眠くなかったのだが、帰った瞬間ばたんきゅーーー。

 

次の日は夜勤だったので昼前まで爆睡。

 

トレランの時もそうだが、運動後のお風呂や打ち上げはめちゃめちゃ楽しい。

頭がスッキリしてるのか、やった感があるからか。

運動の途中はなんでこんなことやってんだろーがこだまする時あるんだけど(笑)不思議と終わった後またやろーーー!って思うんだよなぁ。

 

今後もトレランやマラソンの予定が目白押しwww

楽しみである♫

 
***トライアスロン日記part15も絶賛公開中w***

カテゴリー: hobby | 投稿者:

トライアスロン報告 part.5 ラスト

〜編集後記・トライアスロンを終えて〜

美香さん、私、とゴール後、少ししてイケメンTさんがゴール。

女性が先にスタートして、男性陣は1時間くらいあとのスタートであった。
男性陣も年齢によりスタートが分かれており、さらにそのあとにてっちゃんがゴールとなる。

またてっちゃんをみたら泣いてしまいそうだと思ったが、その頃にはもうだいぶスッキリしていた。
ゴールの時はあまり喜べなかったゴールも、ここまでやったんだから偉いんじゃん自分と思うようになってきた。

みんなで写真を撮って、(みかさんとこっそり約束してた)ジェットコースターに乗りに行った。


疲れてたんだけど、ちょーーーー眠かったんだけど、八景島サーパラダイスに入ってるし、ジェットコースター下を走ってたし(*^^*)

美香さんとTさんはジェットコースターが久しぶりだと言っていた。

疲れた顔をいっさい見せない美人の美香さんは「全然叫ぶタイプじゃないから」と言っていた。
これまたすっきりした表情のイケメンTさんは「ほんと久しぶりだなぁ何年ぶりだろう」を連発していた。

ジェットコースターが登り、急速に落ちていく瞬間、
そんな二人の叫び声が聞こえてきた。

…………………………
今回のトライアスロンは、大学院の先輩の美香さん、てっちゃんと、トレラン部イケメンすぎて顔出しNGのTさんと一緒でした。

ノーポチ(トレラン部用語)で参加した私は、全然舐めてたんだなぁって思うの。

なんとなーく海でも泳いだことがあって、
なんとなーくバイクも乗ったことあって、
なんとなーくたらたら走ることができる。

そして今回の八景島トライアスロンは、普通のトライアスロンと比べて全種目の距離が短い。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
<ここでトライアスロンについて共有>
「ショート・ディスタンス(短距離)」
「オリンピック・ディスタンス」[1]
スイム1.5km・バイク40km・ラン10km
合計51.5km

「ロング・ディスタンス(長距離)」
スイム4.0km・バイク120km・ラン30km
合計154km

「アイアンマン・ディスタンス」
スイム3.8km・バイク180km・ラン42.195km、
合計約226km

Wikipedia参照

今回はショートトライアスロンで、
スイム400m、バイク20km、ラン5kmだった。
ガチなトライアスリートからみたら、準備体操くらいなのかもしれない。

ちなみにイケメンTさんはアイアンマン出場者である。

本当はイケメンなんて気安く呼んぶのは恐れ多いいいレベルの激アスリートだ(*゚v゚*)。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
そんなこんなでショートのため、過信とまではいかないけど、なんとなく始まればできるんじゃないかなと思っていた。ただ終わった今は、うまくいかなくて本当によかったと感じている。

今回の反省は

・もっと事前に筋トレをする
・配布された資料をちゃんと読む
・精神力を鍛える

事前の筋トレは、9月に入ってプール2回くらいしか泳いでないし、海に至っては去年のアクアスロンぶりの入水。
毎日筋トレしているわけでもないのでインナーマッスルもぷよぷよだし、よくバイクとランができてるなってくらいである。

資料に関しては、part2以降を読んでいただければ一目瞭然であろう。
ここは完全に舐めていたのだ。
何周だよーとか、案内板にでも書いてあると思ったのだろう。。

精神力は、パニック発作である。
これは人にあまり言ってないのだが、元々、閉所暗所にやや恐怖症がありパニックになりやすい。
強迫観念にかられると、頭の中がパニックを起こす。
プールでも昔の怖い思い出がうわっとフラッシュバックするとかなり無理。

そこんとこの精神力、しっかりしなきゃなって改めて思った。

で、トライアスロンからの3日後の水曜日に、プール練習に行った。
先輩方がやっているコーチによるプール指導なのだが、そこでとにかく持久力を伸ばそうと思った。
最後の最後で200mくらいは連続で泳げるようになった。
プールの克服は、ゆっくりしていこうと思う。

トライアスロンは、あと何回参加できるかわからない。できたとしても、子育てが終わってから、とかになりそうだ。
だから今回、自分の中では最初で最後のトライと思っていた。
しかし悔しいから来年も!
と思うのだが、、そこは流れに身任せるしかない。

今回、トライアスロンにでれたのも大学院の先輩方のおかげです。
トレラン部に入って本当によかった。知らない世界をたくさん体験しています。

自分次第で、世界はもっと広がる。
自分次第で、自分をもっと超えられる。

完璧M発言だがww

悔しい思いをしたり、限界までいくとそんなことを考える(*^^*)
私にとって、とても大切な時間。

出逢いに感謝です(*^^*)/

カテゴリー: hobby | 投稿者:

トライアスロン報告 part.4

2周+2周のバイクが終わり、ラストはラン5km!!

ラン5km走り終えたら終了なので、
かなり気は楽になっていた。

「あと、30分くらいで終了だ…」

スイム(25分休憩したがw)とバイクを終えたあとのランだったため、やっぱり普段よりは全然身体が重い。

でも途中で絶対歩かない!やり遂げるぞ!
そう心に決めて走り出す。

もう自分のユニフォームが目立つから嫌だとか、考えてる頭はなかった。

でもまず走り出してすぐに、、

(トイレいきたい)

なぜか私は運動していると、すごーくトイレが近くなる。

汗でビショビショだし、水分は結局スイム終わったあとコップ1杯と、バイク中2口しか飲んでいない。
それなのにトイレにいきたい衝動があり、しかも結構よく出るのだ。(お食事中の方すみません)

身体は脱水だろうに、、、なんなんだろ。

脱線するけど、2年前に友達たちと台湾に行った時、お茶を飲みすぎて高速バスの中で倒れそうになったことがある。

何度もトイレに行ってからバスに乗ったのだが、乗って10分もしないうちにとてつもなくトイレに行きたくなって、冷や汗と意識が遠くなってきて、友達たちが頑張ってバスを停めてくれたのだ。

あの時は恐怖だった。血圧もだだ下がりだったし。

まぁとにかく、あれからというとのトイレ恐怖症である。
ちゃんとトイレを把握してないと怖いし、
乗り物乗る前は怪しいと思ったらすぐトイレへいく。
出かけるときはカフェインを避ける。
そんな注意をはらって生きている。

…ラン開始すぐにトイレの場所を聞き、
「たこさんのアトラクションのところだ」
と案内をうける。

「ありがとうございますー!」
といって走り出したものの、
「たこさんのアトラクション?!どこだ?」
である。

このままなかったらどうしよーと思いつつ、走り出してすぐのところにあった。安堵。

おそらく7km/hくらいでゆっくり走った。このペースでなら行けそうだ。

そしてみかさんとすれ違ってハイタッチ!!

バイクの時に続き、知り合いがいるって本当に心強いと思った。

さて走り続けていると、finishが見えてきた。

「やった!もう終わりだ」
って気持ちと、

「え?早くね?」
って気持ちが入り混じった。

finish付近のお姉さんが、「サングラス取ってくださいねー」と言う。

ん?なんか違和感。。。

時計をみたら2.6km…….

ラン…5km…..

OMG!!!

またやってしまった‼︎‼︎‼︎

そう、2周なのに、1周でfinishに来てしまったのだ。。。

お姉さんに説明すると、慌てて、
「丸いところまで戻って!」
と言われる。

丸いことろ?何か看板ですか??
とか言いながらも、走り始める。

逆走

である。

嗚呼、恥ずかしい(´ι_` )

丸いところの正体は、円形になっている屋根付きベンチみたいなところで、給水あたりで周回コースかfinishかに分かれていた。

おそらく私はもう結構意識朦朧で、ぼーっとしすぎていたのだ、と思う。たぶん。

考えていたことは、
「なして、八景島で泳いで自転車乗って走ってるんだろ」
「家に帰りたい」
の2点であった。

無事周回コースに戻り、ラスト1周。

気力がなくなりそうだったので、思考を停止する。

ひたすら、
「1.2.3.4.5.6.7.1.2.3.4.…」
と足に合わせて唱えながら走っていた。

まじな無になった時間。

いつもは応援してくれてる人たちに笑顔で会釈を返すのだが、もうそんな余裕はなかった。
かなり必死感あるなって思われても、もうなんでもいいや、という気持ちになっていた。

とにかく、とにかく完走を。

途中で美香さんにもう一回会った。

みかさんがゴール間際のところで会ったので、絶対に変だ、もしくはお前歩いただろう的な感じに見えてるだろうなぁと思いながら、走る。

イケメンアイアンマンのTさんの声は、すれ違ったときに風のように聞こえた。

と思ったら後ろからすごい速さで来た。

「大丈夫?いけそう?」

と声をかけてくれる。

「大丈夫です。美香さんはとっくにゴール行きました!」

ガッツポーズのTさん。

写真に収めたかった。

finishの瞬間は、素直に喜べなかった。

終わったーとは思ったけど、途中スキップしてるし
嗚呼〜。って気持ちでテープを通った。


これはカメラマン、くわさんが撮ってくれた写真。
まさかまたくわさんに、「早めのfinishに向かう私」を目撃されるとゎ、、、(T_T)

先にゴールしていた美香さんが写真を撮ってくれて、ピースをした気がする。

なんかそこらへん朦朧としてたww

足につけた計測ベルトを外してもらって、ようやく終わったんだーってじわじわ。

美香さんが迎えに来てくれたとき、また天使だーと思った。

涙(T_T)

悔しいのか、やったー!なのか安堵なのか、またもやわかんなかったけど、涙が止まらなかった。

そして私のトライアスロンは終了した。

後記はまた次回。

カテゴリー: hobby | 投稿者:

トライアスロン報告 part3

スキップの人が待機する椅子でてっちゃんを見ながら泣いていると、てっちゃんがこっち側に渡ってきてくれた。

天使や。

しかしすぐに男性の招集でいなくなってしまう。
うう、心細い。

スキップチームの次のスタートは、なんと25分後の9:33。
それまで椅子に座るなりなんなりしてみんなを見送る。

25分、、、

とっても長い時間だった。

スキップしてた人は全部め5名で、
試泳の時点でスキップした方は、私と一緒で初めてのトライアスロンと言っていた。
試泳で怖くて、最初からスキップにしたと話していた。

同じく1周でスキップした方もいらして、5名でやや話して、やや笑えるくらいまで回復。

ありがたし。
心がだいる軽くなる。
よかった。私だけじゃなかったんだ。

9:33再スタート。

ここからはトランジションでバイクのあるところまで走り、バイクの開始となる。
焦らない、焦らないと思いつつ早まっちゃう足。

愛車GAIANTくんがポツネンと待っていた。
ごめんねーと言いながらちょっと愛着が湧くw
愛車に乗って出発。

元々ママチャリでどこまでも行くたちだし、ママチャリ速度も普通に早い。
これは昔からなんだけど、
とにかく早くどんどん漕ごうと思って、大体27-8km/hくらいで漕ぐ。

2周めの時に、
「あおいちゃん!」と聞こえたので、
振り返ったら美香さんが向こう側のレーンにいた。

折り返して4周するコースなので、すれ違う。
わーいと喜んでいるのもつかの間。

そう、この4周である。
4周だよ、私。

美香さんとすれ違ったあと急いで折り返して、そのままfinishの看板の方へ左折。

たらたらした坂を徐行促されつつ下り、
ピンカーブを曲がり、
愛車を降り、愛車置き場まで走り、
サドルをかけてランの準備をする。

おかしいな?

全然戻ってきてるバイクがない?

あれ?私そんな早かったか??

と思ってガーミン時計)を見ると、

10.4km

・・・・・?!

あれ、バイクって20kmだよね?!

でもあれ、2周したよね?

???

スタッフのとこまではしり、
「2周ですよね?」
と聞くと、かなりびっくりして
「4周ですよ?!」と。

この時の心境、

あばばばばばばばΣ(゚д゚lll)

まぁじかと思って、おそるおそる、
「コ、、コ、、コース、戻っても、いいですか?」
と聞く。
「またスタートから行ってくださいね!リタイヤになっちゃいますので!」

ひぃぃぃぃぃぃ((((;゚Д゚)))))))

この時の私の気持ちを表す適切な絵文字と言葉がない。
びっくり仰天の瞬間とはこのこと。

なんかもう若干ニヤニヤしながら、スタート地点からやり直す。

目立つ格好だったからか余計に、ハテナの顔したスタッフさんたち。
スタートしてすぐに、勾配のある坂がね、あってね。

これ、これ。


これを登ってるとき、あぁ、、またどしてこれ登ってる私、、、(´ι_` )仕方ない、私だもんな、、(´ι_` )
なんて半ば自分受容が始まるw

そのときに私の友達、カメラマンのくわさんが撮ってくれた写真がこれ。


まじなへっぴりごし。

そしてくわさんからあとできたメールには、
「2周目でトランジション入ったから焦ったよ」
とのこと。

んぎゃぉ。。。
実際くわさんがどこで写真撮ってるかわからなかったから気を抜かない気でいたのに、、

しかし素敵な写真たくさん撮ってくれてありがとう♡


そんなこんなで、俄然やる気のでた私はまた27-8km/hの平均で走る。

33km/hくらいが最高だったと思う。

とにかく、飛ばした。

途中また美香さんにも会って安堵。
知り合いがいるって、本当に心強い。

そのあとは、乗り方がイマイチ格好つかない以外、(自分なりに)かなりなスピードを出した。

25分、休んでたしね、、m(__)m
そしてまた、タラタラした坂とピンカーブに差し掛かる。トランジション。
さて、次もまたやっちゃいました、ラン編♬

勘の鋭いあなたw
そうです、そのご想像ですwww

一生懸命走ってるので、
楽しみにしててくださいw

カテゴリー: hobby | 投稿者:

トライアスロン報告 part.2

さて、9時から女子の部が始まるため、会場編向かう。
脚に計測計を付けて、ウォームアップの体操に加わる。


ぅ、、トイレに行きたい(T_T)
緊張してんだなー自分(T_T)

嬉しいことに仮説トイレが併設されていた。
しかし自分、ビブ(ツナギのようなズボン)
時間がかかる。
並んでる人にごめんなさい、と思いながらもトイレへ。

海に入る前に、入水がある。
これは最初の練習で、去年のアクアスロンのときもやった。

ただアクアスロンのときはもっと自由な感じで、
「行っていいですよ〜!」「(みんなで)わ〜!」
って感じだったけど、今回は「ガチな練習」
並んで入水し、一周して戻ってくる、という。

ドキドキしつつも、きっと大丈夫だ。
練習だ。
って何度も言い聞かせたのにドキドキ止まらず。
入水していく前の人たちをみると、1周がガチ!!!(T_T)

みんなクロールのガチ泳ぎ!!

入る前からかなりビビって、いざ入水したら、
泳いだ瞬間に心拍数がすごいあがる。

クロールで水が入って苦しいためヒラにすると、人に当たりまくる
なんとーかヒラで練習を終えるが、折り返し地点でばくばくしすぎて、

「もうやめよう。これは無理だ怖すぎる」

って陸に上がったんだけど、
そこでまだ消えてなかったチャレンジャー精神が、大丈夫と言っちゃうんだなーこれが。
てっちゃんがスキップとあるからね!
って向こうで言ってくれてたのが遠くの方で聞こえてたんだけど、顔もめっちゃ強張ってたと思うんだけど、ひとまず頑張ろう、だめだったら途中でも止められる。
と、スタート地点に並ぶのであった。

最初は隣にいたみかさんも、5列になってと促され私が先に先に入ってしまい、スタートが違くなる。

もう何も考えるのやめようと、スタートまで無になり、
いざ、スタート。

10人ずつの時間差こスタートだったんだけど、
みんな、早い。

行きの90mはクロールで行けて、大丈夫かもと思った矢先、急に腕が重くなる。

やばいと思ってヒラに変えたけど腕が鉛のようで、90mの折り返し時点で人に当たりまくる。

で、水中に顔つけたとたん、一気にパニック発作(T_T)

ばちゃばちゃしながら手を振って浮き輪につかまらせてもらう。

過呼吸が止まらない。

しかしここでリタイヤしたくない。

1周目で上がればスキップになって、ランとバイクできますよーって声が聞こえる。2周目になったら途中上がりはリタイヤですよーと。

頑張りますと言ってもう一回ヒラトライするけど、腕が重すぎる。

で、また上がって過呼吸。

2回目の過呼吸で危険を感じ、スキップしますと言っていた。
のだが、岸までは自力で行かないといけない。

スキップすると宣言したから気分が楽になったのか、その後のヒラはすんなりいけた。

初めての経験で怖すぎで、岸にあがるときに涙がでてくる。

「スキップの人が次のスタートまで待っているベンチ」に腰かけて前を見たら、てっちゃんがいた。

安堵か思わずまた涙が溢れてくる。

悔しいのか怖かったのか安心か感情はわかんなかったけど、涙がとまらなかった(T_T)

とここが私のスイム履歴。

明日からは珍事件w
バイクに突入編(*≧艸≦)

カテゴリー: hobby | 投稿者:

トライアスロン報告part.1

無事!

初のトライアスロンが終了しました(*^^*)
珍事件の連発をブログに書いてくので、
らしいなぁと思いながら見てくれると嬉しいですww

トライアスロン道中日記のはじまりはじまり

朝5:30、彼に車を借りて八景島へ♬

電車だと自転車と荷物を運ばなきゃだし、乗り換え2回くらいあるしで大変ーと思って、

前日から車を借りて自転車を詰め込むw
高速で1時間くらいだったw

6:40
先輩に教えてもらった住所に着、ほとんど車がないw

私ったら早いんだわね、なんてトイレで着替えをして余裕こいて待ってるとtel

「芝口だよー!!」

…Σ(o’д’o)

急いで駐車場を出て、芝口の駐車場へむかう。

めっちゃ車いるじゃーーーん笑

そりゃそうだよ、女子の受け付け7:30から始まるんだよ、いないわけないじゃーん

と自分に突っ込みながら急いで支度をする。

先輩のてっちゃんに自転車組み立ててもらって、持ち物確認!
とそこに、みかさんとてんさんが向かってると連絡がww

みかさんは当日体調の関係で行けないかもということだったので、とっても心細いーと思いながらも体調優先してほしかったので、お菓子を我慢する子供のような感じでグッと我慢していたのだが、向かってると聞いた瞬間、めちゃ嬉しくなった。

そして、いざ八景島シーパラダイスへむかうのであった(*^^*)

会場につくとてっちゃんの友達さんがいて、みんなで写真撮ったりエントリーしたり、海の下見したり、コース確認したり。

会場の雰囲気がなんというか自転車だらけで。

当たり前なんだけど、トライアスロンを見るのも初めてだったから、自転車のピックアップするところの自転車の停め方からすでに面食らう(笑)

この時点では緊張よりもまだ好奇心のワクワクが勝っていた。

この時点では、、、

また続きは明日。

これから夜勤いってきます
*トレラン部イケメンの顔は、おそらくみかさんがブログでモザイクるので、私もwww

カテゴリー: hobby | 投稿者:

家族旅行No2

2日目

本日5:10より朝ラン🎵

これは大学院の友人、通称ハカセの真似であるw
ハカセがこの前大阪旅行で言っていたこの一言
「(朝走るのは)ルーチィンですね」
がやたらかっこよく、真似をしたってゆー(*≧艸≦)

して、上高地標高1500m
あまり気にせずいつものペースで走り出したら、息が切れる。
そうだ標高高いんだなんて考えていたら、なんと!
山がめちゃ綺麗ということに気づく。


これは家族を起こさねばと思い、すかさずLINE。
母が河童橋で待っているというので折り返し、計2kmのラン(*≧艸≦)
でも、気持ちよかったーー!!!

朝食はバイキング🎵
バイキングだと調子こいて沢山食べるのは、あるある。


これと、あとパンなど追加で食べてますwww
盛り盛り🎵

本日、なんとやっぱり晴天の模様。
穂高ロープウェイのライブカメラをみても、視界良好。

で、ちょっと早めに出て、目的地へ向かう。

穂高ロープウェイは、一旦普通のロープウェイで中盤まで上がり、その上の見晴台に行くには、ロープウェイを乗り継ぐ形式。
で、乗り継ぐロープウェイは2階建w
実に面白いww

2階建のいいところにポジションとれましたw

さて、見晴台はというと、、、

わー!!
槍ヶ岳まで綺麗にみえる!!!
360度、山が遠くの方までも綺麗に見えました!!これはすごいwww

穂高ロープウェイライブカメラに移りたいがために、いつシャッターが押されるかわからないがスタンバイし、
なんと収まることができたという(*≧艸≦)

さて!どれが私かわなるかな?!!
楽しかったーー!!笑

そこから穂高山荘まで、登山へ向かう。
登山届で書いたのは初めて。

正確にいえは、富士山でも書いたけど、こんな細かくは書いてないw
これが登山届なんだなーと、真面目に書き書き。
いざ、出発です(*^^*)///

カテゴリー: hobby | 投稿者:

家族旅行

長野☆岐阜の旅

毎年恒例、家族旅行ー!!
今回は、長野は上高地、
岐阜は穂高山荘登山、平湯温泉に
行ってきました(*^^*)/

8:30新宿発あずさに乗って松本へ
松本からバスに乗り、上高地を目指す。
上高地は、2年前に来たんだけど雨であんまり散策できず
仕方ないので帝国ホテルの高いケーキで妹の誕生日祝いをしたという思い出の場所。

今回も雨だったらどーしよねー
なんて言ってたんだけど、
さすが私、今年晴れ女!!!
もぉめちゃ晴天っ(*^^*)!!!

河童橋の麓にあるホテル
白樺荘にチェックインし、


散策開始(*^^*)/

30分ほど歩いたところで
なんと妹が熊の糞みたいなものを発見する。
ぐぐってみたけど、どうしたってそれに見える。
しかもまだ生々しい。

ここを曲がったとこらへんw


わーぉ!!!
と違う道を選ぶ。
実は8/4の17時ころにも、ツキノワグマの目撃があったばかりなのだ。

熊に遭遇したらどうしようだのなんだの
散々まだ見てない熊に対してビビりながら(笑)散策を続ける🎵

とまぁ、本日出会ったのはお猿さんのみだったわけだがww

1時間50分ほどかけて5kmちょい散策。
暑けれど清々しいこの天気。
この時の上高地、気温27度。
まさに避暑地なのだ(〃ω〃)

ぶらぶらしたあとは恒例のデザートタイム♡
今回はアップルパイ、フロート、かき氷をそれぞれ食べた🎵


こんな景色で素敵なデザートタイム♡
んー幸せ(〃ω〃)♡

旅館に戻ると、17:30から夕食ということで一先ずお風呂へ。

上高地は温泉がないので露天風呂とかもないんだけど、
旅の疲れは癒されるねwww

夕食は安曇野豚が美味しかった(*^^*)


→これは、建物のなかにいたカエルw

宿の方も言ってたけど、本日は久しぶりの晴天。
19:30からのナイトウォークに申し込んだ。

(残念ながら真っ暗だったので写真はないw)
自然教室という場所が監修のもと星空ツアーにでかけるのだが、連日天気が良くなく、ガイドさん曰く、今日はすごくラッキーだとのこと。
前日も、雨で室内レクリエーションになったようだ。
天の川も見えるそうだか、7月からまだ3回ほどしか見れてないとのこと。

おー、これはもしかして!
と期待に胸を弾ませるw

暗闇の中12名くらいで懐中電灯を持ってテクテク。
途中ガイドさんが北斗七星やさそり座を教えてくれる。

そして川沿いにシートを広げ、
みんなで空を見上げてたときに、、、

ばっちり見えました流れ星☆☆☆(*≧艸≦)
長ーく筋が残るのが2つ、短めなのが何個か、綺麗に見えましたw
ちょうど流星群がくる時期ってのもあるみたいで、見えやすいらしい。
そしてそしてこの台風一過の晴天からの、夜空!!!
月が明るすぎて天の川はうっすらだったけど、それでもあれだってわかるくらいw

母と妹と、3人で同じのが見えた瞬間。
あー!って声が重なって、なんか嬉しかった(*^^*)

帰りにもガイドさんが止まって説明してるときに上を見上げた母が流れ星を見て
「わぁ!あったあった!」
なんて大声でいうからみんな
びくっ!!
っとしたり笑

点呼とってるときに
「これで1人多かったりしてw」
なんて言うから笑いがおこったり、

まぁまぁ奥村家の母さんはお茶目なんだわ笑

第1日目から、ラッキー続き。
これは今後も期待できそうだww

明日はまたもや2年前、曇りで挫折した穂高ロープウェイへ。
今回は晴れてるのを願うw
っていうか大丈夫という根拠のない自信があるw

楽しみである(*^^*)

カテゴリー: hobby | 投稿者:

ユーシン渓谷

隠れた絶景wユーシン渓谷

ご存知であろうか。

時々LINEの絶景スポット何選ーーー!とかにでてくるのユーシン渓谷
 
先日(ってゆーか結構前だw)

ブルーの湖が絶景と話題のそこに、行ってきました♪

メンバーは大学院のトレランの先輩方と、先輩の隣人@イケメンさんw

 

新松田駅からバスにのり、ユーシン渓谷へ向かう。


荒々しい林道なのかなと思いきや、なかなか整備されている車道を歩いていくと、
あれ?なんかずっと登ってるな?
ってことに気づく。

まずもってユーシン渓谷のユーシンブルーがどこにあるのか不明だったため、
ひとまずユーシンロッジなるものを目指すことに。
ハイキングの地図を頼りに、
私は大好きなみかさんと一緒にまたお話しながらハイキング♬
男性陣はトレラン部w走り去っていきましたw笑

合流した先には真っ暗なトンネルがあり、
各々ヘッドライトを装着!!!
全長200mくらいのトンネルが中で曲がってるもんだから、もう本当の真っ暗闇。

試しにM先輩がヘッドライトなしに入っていったら、
戻ってくるときに亡霊みたいに見えて怖かったwww

で、いざ4人で入ってみると、もう前の人もまったく見えない。

きゃーきゃーきゃーきゃー
いいながら、
途中でM先輩がふざけたり、イケメンさんがガサガサ足を鳴らすもんだから
思わずみかさんにくっついてないと歩けないほど、肝試し級の怖さだった。

あれはね、大人になってからやってみると童心に返れるね。

トンネルを抜けると、気温が下がってとても涼しい。


トンネルを抜けると別世界のような気温。
清々しくて、とても都心から1時間半ほどで行ける場所とは思えなかった。

そしていきなり見えてきたのがユーシンブルー。


どうやら水がたまったところがブルーになりやすい(?)みたいで、
せき止められているところが透き通るようなブルー。

これには心を奪われた。
一同しばしばテンションはあがり、しばらく撮影会ww

この先もどうなっているんだろうと期待を込めてみたが、
後にも先にもここが一番きれいなスポットだった。


とはいえ、川が全体的に透き通った水色をしていて
本当に綺麗だった。
これはぜひ行って実際に目で見てほし景色である。

なんとか川に入れないかと模索したのだけど、
結局どの道もふさがれていて、泳ぐことはできなかった。

肝心の目的地にしていたユーシンロッジは、客足の少なさからか閉鎖していて
もう使用されていない大ーーーきい宿泊施設だけがあった。


ここに宿泊できたらいいのになー
と思う反面
日帰りで行けちゃうところだから、確かにそんな需要ないかもな。
って気持ちもあって。
まぁでもあのロッジもったいない。

ロッジまでの道はこんな感じになっていて


デイダラボッチとかでてきそうじゃなぃ?
まるでジブリww
とっても素敵な場所だったww

そしてこの公衆電話もw


人情味あふれる微笑ましい感じww

ひたすらゆったり上り坂だったため、帰りはひたすら下り坂(*^-^*)

もう一回ユーシンブルーをみてーーーw

なんて思ってたら、


「!!!」

普通の色になっている!!!

これは後から分かったことなんだけど、せき止められていたからブルーになっていたのであって
雨量が多いときなどに開放をすると、溜まるまでユーシンブルーには逢えないということだった。

なのでめちゃめちゃベストな時間に通過したわけである。
これを知らなかったら、ユーシンロッジに行くまで
「ユーシンブルーどこー?」
なんて言っていたかもしれない。
なんてラッキーなんだ♡

なんてみんなで感動しながら下山へ。

で、やってきました恐怖のトンネル!
と思ったんだけど、
行きは曲がっていたから先が見えなかったんだけど、
帰りはちょっと歩いたら向こうのほうーーに出口が見えていて。
なので行きよりは怖くなかったw
明かりやあることの安心さ。ありがたい。

スタート地点に到着し、バスは乗車。
次の目的地は温泉である♬
ハイキング(トレラン)をしたあとの温泉が
これまたとぉっても気持ちがいい♡

さてさて温泉地に着いたのですが、


なんと私は携帯をバスに忘れてしまったというバカっぷり。
イケメンさんが電話してくれて、携帯発見。
そしてバス会社の神対応♡
「折り返しのバスに携帯を乗せるので、バス停で待っていてくれれば渡しますよw」
と!!!(*^▽^*)!!!わぁーーーぃw

ひとまず温泉へ向かうのであったが、
温泉の前に流れる河原でBBQをしている方々がちらほら。
川はユーシンブルーのあの素晴らしさに負けないくらいの
透き通ったブルーwwww
それに泳いでいる人も!!!

これはやばい、入らなきゃってなって(笑)
急遽温泉を後にして川へ直行w

私は携帯をとりにいったん離れたんだけど、
戻ってくるとき遠目に見えた先輩たちが、なにやらキラキラはしゃいでいてww


ちょっと高い岩から飛び込みしてて、もう本当に遠目でみてもキラキラしてたw

私ももちろん川に入ったが、久しぶりの川!!!
Tシャツのまま泳いだから出たときはずぶぬれで
もちろんタオルなんて大きいの持ってなかったから、
「これはやばい、温泉に入れてもらえなくなる」となったわけでwww

で、このシュールな画像www


なぜかみんな律儀に靴下を履こうとしている場面w
いや靴下いらないでしょって途中でみかさんが気づいて、
私なんて頑張って拭いて履いちゃったしww

本当、笑ったー。
トンネルも、ユーシンブルーの瞬間も、川遊びも、
子供心の無邪気さみたいなのがこみ上げてきちゃって
久しぶりに無邪気に楽しかったって感じだったw

あとはお決まり、温泉入って出てきて一杯飲んで帰宅。
私はこゆとき酔いがまわるから水を飲むんだけどw

朝から夕方まで、8時間くらいだったかな?
なんかめっちゃフルに楽しみましたーーーー!!
って感じだったww

ユーシン渓谷、今度は秋にまた行きたいw
そしていったことない人にはぜひおすすめです(*´ω`*)

カテゴリー: hobby | 投稿者:

富士山登頂!!No3

さて、宿泊先の「富士山ホテル」に到着ww

あれよあれよと中に案内され、受付を済ませる。

隣の長テーブルには外人さんが10名くらい。
一斉に説明をする様子であった。
私たちは奥のテーブルに案内され、夕食のカレーライスをいただくw

あれ!!
ハンバーグと思ってたらカレーライスに乗せハンバーグ!!


まぁ、カレーライスは連続で食べていられるほど好きなのでよかったんだけどw
食べ終わったらひとまず宿泊場所へ。
残念ながら写真を撮りわすれたんだけど、
これが違う山小屋の中。


これとはかなり違う感じの、
うーん、だだっ広い一間に、上下に分かれた寝床
というか、寝袋が敷き詰められた感じのところであった。

「寝返りしたら隣にぶつかるんじゃ!?」
って思ったのが最初の印象だったけど、山小屋だしそんなこというの贅沢である。

案の定、隣のお客さんたちが1人分寝るところを間違えて、ダブルブッキングのような形になってしまった。
坐っている時点から「怪しいな」と思ったから
「We are 4peoples.」
と言ったら
「あー、僕たち日本人ですよ」
と言われ、赤っ恥(笑)
でも4人いるからもうちょいそっち行ってと言ったつもりで
日本語で言ったから通じたと思ったのに、
なぜか彼が寝てたのは私たちの領地。。。

ちーーーん。。
なんてことも、ありましたw

ひとまずビールとワインで8合目までの乾杯をしたwww
まずもってワイン持ってきてる先輩すごすぎだし(笑)
まさかのおつまみもたくさんでてきちゃって(笑)
おかげですーーーぐ眠気が来ましたwww

ちょっと仮眠してから夕陽のために起き。
現地の方曰く、10日ぶりに見た夕陽だったそうなwww
日没は反対側だったけど、本当に綺麗な夕陽だった。


。。。
そして就寝。。

。。。
1時間くらいごとに目が覚める。
2時に起きなきゃなのに、、、

くぅぅぅぅ

2時10分起床!!!

なんと素敵な夜空が広がってるじゃありませんか。

ヘッドライトを消してじっとみていると、流れ星まで。
もう、感動とか感謝とか、そんなものが心いっぱいに広がって
これから頂上めざすのが俄然わくわくしてきました。

2時30分頂上に向けて出発。

この日の日の出が4時30分予想だったので、
果たして間に合うか!???

こーんな感じのちょっとマジで!?って思う感じの渋滞を、
ヘッドライトをつけてひたすら登る。


途中で降りてくる人もちらほら。
ぬかしてどんどん進んでいく人もちらほら。

あーーー、間に合わないんじゃないかーーー!?
もうそこまででてきてるよーーー!?


なんて焦る気持ちと半端ないわくわく感でw

…to be contined(^^)/ 

カテゴリー: hobby | 投稿者: